2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 理屈ではない「音楽」・・2年半ぶりの庄野真代さんのLIVE | トップページ | エリさんの「自然」について・・ »

2017年3月 8日 (水)

TABARUさんの「Emotion」

Tabarunew


今4度ほどこの11曲入りのフルアルバム「Emotion」を聞いています。今まではバラード系のものを中心に歌われていましたが、今回は表題の「Emotion」、6曲目の「Moving on」、10曲目の「Perfect day」と3曲アップテンポな曲を歌われています。その分メリハリが効いた1枚

になっています。

Dscf5303


この帯には「新たな一歩、自分らしくある為に・・」と書かれています。歌詞は今までと同様にご本人の作です。一番アップな「Emotion」ではデジタルドラムがリズムを刻み、表現もどこかテクノな感じです。

逐次歌詞を引用するより僕の印象しか書けないのが音楽論ですから、個々の聞く人が別の感じ方をされるのも当然です。今回のフルアルバムでは「組曲」のように感じました。テーマは「愛の消失と、それを回顧しての不安や悲しみ。でもそのアンニュイからの辛い新たな一歩の踏み出し」といった心性を色濃く感じました。Tabaru1


これは1枚目のアルバムです。バラードでの表現が実に長けた表現をされるTABARUさんです。大人っぽいアンニュイを主に表現された内容だと記憶しています。

「アップテンポな曲」=前に一歩踏み出す力と単純には言えないですが、今回の「組曲」に関しては、かなりその要素が強いとは感じます。絶望に沈んでるときにアップテンポな日常を送るのは難しいものです。自身の日常生活を顧みてもそうです。

かなり前に一族でヤマハ系の嬬恋に出かけて楽器音痴の僕もデジタルドラムで遊んだ経験があります。テクノに向いてる音がしました。Tabaru2


これは2枚目のものですが、JAZZYな表現も込めてのトータルにはバラードで恋愛の機微が表現されていると昨日聞き返して感じました。そういう「深さ」も当然表現されますが、やはり今回のメリハリ系が好きです。共に歌詞カードにサインを頂いています。嬬恋ではみんなでゴーカートもしました。吉田拓郎の大コンサートの写真も大きく飾ってありました。//今回のアルバムに近い嬬恋を思いました。男女間のことで悩んでる若者を「どこかで勇気付ける一枚」としての要素もある「Emotion」でもあると感じました。

« 理屈ではない「音楽」・・2年半ぶりの庄野真代さんのLIVE | トップページ | エリさんの「自然」について・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7093/69852771

この記事へのトラックバック一覧です: TABARUさんの「Emotion」:

« 理屈ではない「音楽」・・2年半ぶりの庄野真代さんのLIVE | トップページ | エリさんの「自然」について・・ »