2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オマージュA | トップページ | 孫娘が今日で2歳になりました。 »

2017年9月 3日 (日)

カツさんの「今後の変化」とは

Imgp1521

昨日のLIVEで購入した「perfect circle」のリリースが昨年11月の末でもう自作の制作の準備をされているとのこと。ソロアルバムも凄いペースです。

Imgp1524


ビートルズにぞっこん入れ込んでおられるのはMCでもよく理解できます。前から「与作」等彼の解釈での演奏の凄さは当然解っていました。B4が「サージェント・ペパーズ」あたりから組曲としてアルバムを作り始めたのは周知ですが、「ピンクフロイド」同様1枚ごとにプログレッシブでした。カツさんがソロとして変化を求められるのも当然です。Imgp1529


元来自作の「カノン」での前衛的要素も持っておられました。僕の独断かも知れないですが、「ウクレレ曲はどうしても家庭曲的に健全性が強すぎる。善悪の問題ではなく」と言っておられます。そこで人間性を深く表現するための「エロス」的要素を大真面目に取り入れようと感じておられるのではないでしょうか。美学としての「エロス」です。

Katzin


それと「子供バンド」でのロック的要素の進化だけでなく「譜面上」のLIVEでなく、フリーJAZZ的なアドリブ要素も強い方です。「そういったJAZZYな自由な演奏での聞く人との自由な対話性を強く前面に出したい」との変化です。

本当に独断ですので、「それは違う」というご意見にも僕は素直に話し合いたいです。この「帽子の変化」と「B4」の曲へのご自身のLIVEでの多様性について、僕はそう感じています。

« オマージュA | トップページ | 孫娘が今日で2歳になりました。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

なるほど。勝さんのライブは、僕も個人的にはjazzyな部分に惹かれます。

カツさんもウクレレ教本を多く出されています。ソロアルバムも多いですが「僕のフラ曲は
どうしてもフラっぽくない」とMCで言われます。やはりB4等のロックベースの曲をご自身の
アレンジでLIVEされる時は「楽譜はあれどその日のノリ」が強いと感じます。
まぁあのテクで惹かれたら、良い意味で「譜面に収まらない魅力」が滲み出ると感じて
います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オマージュA | トップページ | 孫娘が今日で2歳になりました。 »