2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

音楽

2017年4月 9日 (日)

僕が20代に書いた「歌詞」です。

「そして9月」    BY    KEN-SAN

-

そして9月今日からは秋、

夏の終わりを告げるように恋人たちが

街にもどってくるわ一夏の思い出を素肌に焼き付けて

恋人たちが街に帰ってくるわ。

いつものお店じゃ「MissYou」ミックは今日も歌っているのに

だけど9月今日からは秋

少しやつれたあなたの背中 少し日焼けした二人の部屋

昨夜こぼしたコーヒーに突然見つけた深い秋

白い湯気の向こうで愛の壊れる音がしたわ

テーブルクロスになじんだ傷はあの日落としたアンニュィのタバコ

夏の疲れを癒すように夏の汚れを落とすようにあなたはさりげなく秋という名の香りをつけて 行ってしまうのね

季節を置き去りにしたままで あなたは出ていくのね私の向こうへ

窓にはあなたのクロップド 色褪せた時を刻んでゆれている

夏の終わりを告げている

そして今日から私はひとり なじめぬ風に涙して

伸びたレイヤーといている

のびたシャギーをといている 

2017年4月 2日 (日)

エリさんの「自然」について・・

Imgp1341


この「ワーズカフェ」はエリさんの関西でのホーム会場です。「MM喫茶店」が始めに歌い友人のテレジアさんもゲストで歌われます。パーカッションのロベルトかじやさんもよく参加されます。昨夜特に印象に残ったのはマドンナの「ララ・ボニータ」~凄くメロディアスです。CD「ひつじ雲」からのタイトル曲、「パジャマパーティ」、「CNILDHOOD」、そして5月にリリースされる鈴木雄大さんとのユニット「ZEBRA ONE」の二枚目のアルバムからの「スプラッシュ」です。

Imgp1343

先に「スプラッシュ」について。曲は雄大さん、歌詞はエリさんでヴォーカルは2人です。顔見知りの方といつも最前列で聞いてるLIVEですがこの曲のロック調のパーカッションと歌、エリさんのウクレレの弦が心配になるほどの激しい演奏にクギ付けになりました。凄い演奏でした。打楽器が一番必要な曲と受け止めました。

Imgp1334

CD「ひつじ雲」の曲はファンはみんなご存知でしょう。「パジャマパーテーィ」は可愛い表現をされてるのですが結構その可愛い色気のある内容です。”パジャマはジャマ/ねえキスして・・”とさりげなくです。

-

で、昨夜「CHHLDHOOD」での「3歳以前の愛の記憶を覚えていないので、想像的に再現したくて・・」というMCにかなり触発されたと僕も書きました。布団にくるまれて眠っているときの究極的な安らぎとか・・。Imgp1310

そういった感性の産物を言葉にするのは難しいです。僕が30代に書いた「月~ルナ」という詩を思い出しました。根に共通点があるというだけですが、部分的に引用して到底音楽にかないませんが、僕なりのこの曲への感想としたいです。覚えてる詩の部分的な引用です。--

「月~ルナ」    by KEN-SAN

夜の静寂(しじま)をついて赤い一条の悲鳴が走る

甘美な苦痛に傾く母さんの髪

遠いふるさとにはいつでもいつでも赤い花が風に揺れていた

ゆ夢ににみた と遠いふるさとだ ああの海だ

凪だ 引き潮だ

-

父の外套がくびれて落ちる

さめざめとさめざめとさめざめと昇る斧の月

俺の眼球を穿つ

----

この詩は同人誌に書いたものでなぜか「詩集」に入れてないです。本当に記憶のままに書きました。何が「エリさんの自然と繋がる」と言われそうですが、エリさんの創作には「凄くご本人の価値観が見えてくる」と少し強引ですが言っておきたいです。楽器音痴ゆえ音楽論?はいつも感性的になります。「認識」で書けるものではありませんから。

2017年3月 8日 (水)

TABARUさんの「Emotion」

Tabarunew


今4度ほどこの11曲入りのフルアルバム「Emotion」を聞いています。今まではバラード系のものを中心に歌われていましたが、今回は表題の「Emotion」、6曲目の「Moving on」、10曲目の「Perfect day」と3曲アップテンポな曲を歌われています。その分メリハリが効いた1枚

になっています。

Dscf5303


この帯には「新たな一歩、自分らしくある為に・・」と書かれています。歌詞は今までと同様にご本人の作です。一番アップな「Emotion」ではデジタルドラムがリズムを刻み、表現もどこかテクノな感じです。

逐次歌詞を引用するより僕の印象しか書けないのが音楽論ですから、個々の聞く人が別の感じ方をされるのも当然です。今回のフルアルバムでは「組曲」のように感じました。テーマは「愛の消失と、それを回顧しての不安や悲しみ。でもそのアンニュイからの辛い新たな一歩の踏み出し」といった心性を色濃く感じました。Tabaru1


これは1枚目のアルバムです。バラードでの表現が実に長けた表現をされるTABARUさんです。大人っぽいアンニュイを主に表現された内容だと記憶しています。

「アップテンポな曲」=前に一歩踏み出す力と単純には言えないですが、今回の「組曲」に関しては、かなりその要素が強いとは感じます。絶望に沈んでるときにアップテンポな日常を送るのは難しいものです。自身の日常生活を顧みてもそうです。

かなり前に一族でヤマハ系の嬬恋に出かけて楽器音痴の僕もデジタルドラムで遊んだ経験があります。テクノに向いてる音がしました。Tabaru2


これは2枚目のものですが、JAZZYな表現も込めてのトータルにはバラードで恋愛の機微が表現されていると昨日聞き返して感じました。そういう「深さ」も当然表現されますが、やはり今回のメリハリ系が好きです。共に歌詞カードにサインを頂いています。嬬恋ではみんなでゴーカートもしました。吉田拓郎の大コンサートの写真も大きく飾ってありました。//今回のアルバムに近い嬬恋を思いました。男女間のことで悩んでる若者を「どこかで勇気付ける一枚」としての要素もある「Emotion」でもあると感じました。

2017年3月 4日 (土)

理屈ではない「音楽」・・2年半ぶりの庄野真代さんのLIVE

Imgp1277

昨日の写真です。実は昨年11月にWIN7がウィルスにやられて前のブログに使った写真以外は全てなくなってしまいました。が、一部DVDに保存してました。

2s2

まだ「浜田山~ず」バックが固定してたころの梅田JEAUJIAでの店内LIVEのものです。2001年リリースされた「タイムトラベラー」が2枚あり、3枚目を準備されてたころです。僕も本当に若かった?wこの梅田から東京江古田の「新潟支援LIVE」にも出演され、「山越村」への支援CDを出されバンドとともに現地に音楽を届けに行かれました。15


これもJEAUJIAでの写真です。加藤実さんはこの「タイムトラベラー2」でピアノを担当されてました。

NPO「国境なき楽団」が90年代に「セプコン」等の本格的な活動を始めたころです。音楽は感性の産物で「音楽の世界に聞き入っている間は被災の現実を忘れることができる」と僕もサポートだけはしてました。-

今は社会人入学を始められた法政大で準教授として教える立場です。只僕も何度かトークショーに行きましたが、ご自身の足で積み上げてこられた「経験を語る」的なものは聞く方にも身体で受け止める感じで、同じ目線の高さで聞きやすいものです。現実の内容がどんなに重くてもです。

29


これはリハ風景で最近亡くなられた渡辺茂さんもベースを弾いておられます。

-

昨夜も話された「リミニッセンス」という自己カバーも含めた女性歌手、と男性歌手の「不幸への向かい方」の話はよく語られます。女性はリセットしてるが男性は「上書き的」で未練をもってこだわっていると。あくまで音楽でその世界の主人公になって歌ってみて解ったこととしてです。まあ僕も過去から逃げられないでいる一人ですが。

最近次女夫婦が1歳半の孫娘を連れて近くはないものの「関西」に帰ってきました。そのことをFBにもコメントを頂き、声までかけて頂いた真代さんとマネージャーには心から感謝しています。「論」等は別の機会にしたいです。

2017年1月 6日 (金)

庄野真代さんのラテンアルバム「シネマチック」

Mayo

当然このアルバムにもサインは頂いてますがその写真が私のパソコンが壊れたので残っていないのです(涙)。「ジャクロタングス」というJAZZ&ラテンバンドによるアルバムです。

Mayo_2

マイルスの「死刑台のエレベータ」は映画に添えた見事なJAZZでした。
この庄野真代さんと「ジャクロタングス」によるアルバムは音楽の内容を
伴った見事な「シネマティーク」というより「シネマ」です。
セルフカバー他、抑揚とハイトーン等による綺麗な「ロマン」です。
一本の優れた映画として「聴きました」。素晴らしいアレンジ&歌唱です。
何が新しいのか?と問われれば「セルフカバー」である「飛んでイスタンブール」他3曲の
筒見作品も含め全て「ラテン&JAZZバージョン」で見事に歌われているということです。
「ジャクロタングス」のオリジナル曲もそのまま収録されています。そんな中で聞くセルフコピーも
カバー曲も実に新鮮です。

Mayo_4


「飛んでイスタンブール」、「マスカレード」、「モンテカルロで乾杯」と筒見作品や「月夜のワルツ」、「アデュー」等のセルフ作品のカバーや「ウナ・セラ・ディ東京」なども所収されてます。只全てにラテン&JAZZYに表現されていて原曲から離れた素敵な曲として歌い演奏されています。AORブームと言うのでしょうか?こんな名アルバムはもっと注目されるべきです。秋から冬に聞くラテンのリリシズムとしてとても気に入ってるアルバムです。まだアマゾンで入手可能です。

2017年1月 3日 (火)

沢木耕太郎による「藤圭子論」

Dscf3696


2013年、ノンフィクション作家沢木耕太郎氏による藤圭子死後に刊行されたものです。

丁度娘である宇多田ヒカルが19歳で結婚、4年後の離婚、28歳での音楽活動の休止とまるで母である藤圭子とパラレルな生活です。母の死について「私の幼いころから精神の病に苦しめられ・・。/母の娘であることを誇りに思います。彼女に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。・・ありがとうございました」と語っています。
元夫の宇多田照實氏の「精神を病み、永年奇矯な行動を繰り返したあげくの投身自殺」というコメントで藤圭子の「謎の死」が落着することになった。
しかし沢木氏は違和を当然感じて言ってます。アメリカでの生活は知らないがと前置きして、「私の知ってる彼女が、それ以前のすべてを切り捨てられ、あまりにも簡単に理解されていくのを見るのは忍びなかった。元夫の一行で片付けられない、輝くような精神の持ち主が存在していた」と。そこで三十年後に担当者も変わった出版社に読んでもらい「三十年以上経つというのに、内容も、方法も古びていません。新鮮です」。また宇多田ヒカルと同年齢に近い女性社員に「これを宇多田ヒカルさんに読ませてあげたいと思いました」と。ここでの沢木氏の「謎の死」という視点は凄く冴えています。

沢木氏は語る「二十八歳のときの藤圭子がどのように考え、どのように決断したのか。もそこの『流星ひとつ』を読むことがあったら、宇多田ヒカルは初めての藤圭子に出会うことができるのかもしれない・・・」と。
以上、当然私の主観も入っていますが引用部分は確かなはずです。それとこの500枚におよぶ「インタヴュー」の個々のことは出来るだけご自身で読んで欲しいです。話し言葉での半生です。言葉の受け止め方、話し方に多少のズレは当然ありますから。

個人的に一つ印象深いのは喉のポリープの手術の話しです。あの藤圭子独特のカスレ声を休めば元に戻るのに手術して、声の質が変わり、当然歌声にも反映してしまって・・・。という辛い話です。藤圭子自身の「心に引っかかる歌い方が出来なくなってしまった。自分の心に引っかからないのにどうして他人=聴衆の心に引っかかる」。「そんな声で昔納得して歌っていた歌を歌うのは辛さ以外の何物でもない」という、歌手生活の屈折点のことでした。

Dscf3695


★意図しなくても「言葉で正直に話しても人間の語る自身には、絶対に見えないものがある」とは私の持論です。当然私が話してもです。ただ、この「インタビュー」からはエピソードの断片の継ぎ合わせや、問いにたいする「・・・・」という形での沈黙等々から「誠実さ」は充分に感じられました。〜書けばこれだけですが、どんなご意見でも聞く耳は持っていますので・・。

★自身の声を無くして、25歳以降大スターだった藤圭子も地方のクラブなどで歌うことも多かったと語っています。「新宿ACB」が大好きだったとか(これは若くて売れる前の話し)。フォー・リーブスのメンバーとダンスのクラブで踊り明かしたりしたことも。ただ当然28歳で「引退コンサート」も控えているころの「インタビュー」です。スターという夢を売る部分を壊しきってはいないと感じます。

★この「流星ひとつ」も「インタビュー」形式で31歳の著者が目指した一つの方法です。「一瞬の夏」に見られる著者のスポーツをノンフィクション文学で読ませる力量はみんな認めるところです。「ノンフィクション」=事実を文学すると考えれば、この本は著者が採用した一つの方法であり、あくまで「例え」ですが、「最後の火酒」は九杯目です。一杯が一度の「第一回目のインタヴュー」で全てのインタヴューが九回かかって行なわれても「ノンフィクション文学」としての一冊がこのような姿を採ることに何の違和も覚えない。事実をより主観的に伝える「ノンフィクション文学」ですから。

前のブログに書いたものですが、AMAZONのレビューに書いたものに少し書き足したものです。沢木氏のノンフィクションは大好きです。一応詩と「音楽論」を書いている人間ですので最近知り合った方にも読んで欲しくて書き直しました。

2016年12月24日 (土)

COCORO*COの20周年アルバム「Little Birds」を聴いて

Dscf5267

表紙はHalさんのクレヨン画です。「故郷」で始まり「故郷」で終わる1曲もかなり長い構成の曲です。鈴木雄大さんのプロデュースに加藤実さんのピアノ等「国境なき楽団」の本部もある「音倉」関係の多くの音楽家も参加されています。

Dscf5238

これは2002年にリリースされた1stアルバムです。一応ハルさんソロ、パンダさんソロも含めて全て聴かせて頂いてます。ゴスペルグループですから基本底辺にはすべて「人類愛」が流れていますが、JAZZYなピアノやサクスも取り込んだ聞かせるアルバムになってるのは当然です。「平和への希求」も歌われています。

C1

民謡風でJAZZYな曲もあります。FaceBook等でお話もしています。ゴスペルは「人間が人間のために歌う人類愛の音楽」ですがPC上では酒席も入れたりして、凄く話しやすい4人です。

Dscf5264

それぞれの方のサインです。「人類愛」への思いは半端でない人たちです。僕らは「人間の故郷」で生まれ「人間の故郷」で毎日生きていつかは「人間の故郷」へと帰っていく、そんな思いの凝縮した今回のアルバムだと感じました。


2016年12月13日 (火)

文学者としてのB・ディラン

Dscf5250


これは僕が彼についての本も読まず、訳詞付きのCDと映像を元に書いてる駄文です。よく言われてる初期の「プロテスト・ソング」からエレクトリックに変わった頃の人々のバッシングについて、僕には理解できないです。

「サイモン&ガーファンクル」の代表曲の一つである「SOUND OF SILENCE」の歌詞はかなり難解です。まず彼らの実質的なデビュー曲とも言える名曲ですが・・。最初はアコ音でのフォーク的なもので全く反響はなかったと聞いています。作曲したP・サイモンが英国に行ってる頃に某DJが、今我らが聞いているエレクトリック・サウンドにして流したら物凄い反響が有った。P・サイモンを急遽帰国させて、そのエレクトリックで歌い始めてのビルボードチャートNO・1を獲得という逸話があります。これは署名記事的に信じられる逸話です。

心地よい「フォークロック曲」の誕生です。でも訳詞でもよいので一度歌詞を確認してほしいです。「現代詩的に難解」なんです。

Dscf5250_2


確かに「風に吹かれて」はすごいプロテストソングですが、「答えは風が知ってる、風が知ってるだけさ」という歌詞もかなり難解だと思います。そういった難解さは常に彼の曲に通じています。「turn turn turn」も後に「The byrds」が歌ってヒットしました。所謂「フォーク・ロック」としてです。byrdsも後に「霧の四次元」とか歌って「フォ-ク ・ブルース」的なものに変化していきますが、どうも進歩とは感じにくいです。

Dscf5250_3


アコギで少年のように登場してかなり直線的とも思われるプロテストソングを歌っていたディランは22歳のころにはエレクトリックに変わってかなり哲学的なほどに難解になっていましたが、決して批判する人のように「商業主義への傾倒」ではないのです。

詩のジャンルに「ビート派」というものがあります。A・ギンズバーズ等に相当影響を受けたという彼です。難解であれば・・というのはプラスの要素です。サイモン&ガーファンケルの「SOUND OF SILENCE」も実に難解です。自身の内面の表出は難解にならざるを得ないと信じています。イメージ作り等とは次元が違います。

自身のことすら絶対に解らないのが人間です。ディランの表現作にはそのことが色濃いと感じています。「自身が自身と向き合う、自身が自身の作品と向き合う」がゆえの難解さはそれなりに理解できます。

-

BEATLESの曲ではJ・レノンの歌う「苺畑」が僕的には一番好きです。「ジョンの育った・・」と解説されても届かないほどシュールな作品です。でも音楽としてはかなり難解でも何かが伝わってきます。曲としても大好きです。拙いこのブログ記事のコア的な例として触れるべき「共通項」として挙げておきたいです。

2016年12月 7日 (水)

「DOUBLE-VOICES」LIVE@岡本「トゥオリ」

Imgp1151


この岡本には今は移動した東灘図書館があり、トータル10年ほど勤務した馴染みの街なんです。甲南大、甲南女子大もあるかなりお洒落な街です。

Imgp1152


開演前にくつろぐエリさんです。床のカーペットがご自宅と同じで、凄くくつろげると言われてました。ニットの帽子も壁の花にマッチしています。客席はかなり広いお店です。

Imgp1153


これはケーキと紅茶でしょうか?スィーツも食べられる細いエリさんです。エリさんの持ち歌は「ひつじ雲」やマドンナの曲まで一通り披露されました。僕がこの日初めて聞いたのはディジーさんのウクレレに乗っての自作詩の朗読でした。得意なイラストを描くと、ある時期には必ず「詩を添えておられたとのことです。メルヘンチックな素敵な「詩」でした。新鮮でした。

傲慢でなければいつか僕の「朗読詩」を見るだけでもなんて、思ったものです。あのX-JAPANのYOSHIKIも歌えないながら東京ドームで「詩の朗読」をしたものです。クラッシクバージョンでの「途切れたメロディ~切望の夜」でしたか。

「カットされた前髪を写真に」とお願いしたら、「今日はニット帽子をかぶっているから・・」と言われました。帽子の有無でまとめ方が違うようです。

Imgp1156


これはLIVEの最中です。この日は暖かい昼下がり、「通り過ぎる雨」でなく途中から、予報の通り結構な雨の土曜でした。B・バンバンではなくて。

Imgp1158

アンコールの時もお二人は飛ぶような歩き方をされてました。「楽しい空間にするからには、自分たちも楽しくなければ」というエリさんの「持論」どおりのLIVEでした。

2016年11月21日 (月)

あのカツさんの「DAY TORIPPER」@ワーズカフェ LIVE

11月19日の土曜のこの日多くの名曲を演奏し、歌われました。その中で一番感動したのは初めて聞く「DAY TORIPPER」でした。

Imgp1148


従って、今はこの曲についてのみ書きます。超プロでいらっしゃるからまだまだ違う曲も出てくるでしょうが、これぞ「アート」と感じたものでした。ご本人は歌われません。全て楽器が歌いました。

Imgp1150


メインの強弱に加えてジョンとポールの歌い分けも表現されてました。ジョンが中心になる場面や二人が重なる場面等、復元されるのではなくインストとして「曲の全て」をご自身のスタイルでの表現でした。当然ウクレレでのロックですが、凄いテクを目の前で聞けました。原曲を聞きながら書いてます。カツさんのこの日、この曲はウクレレが歌ったものです。かなりアップテンポでしたが、繊細な音で原曲にはない乗りの音まで演奏されました。。実際に原曲にはない「Oh yea」といった細部すら聞こえてきました。またもっと長く書きたいです

Imgp1149


くどくアップテンポの中での小さな音で「Oh yea」と僕には聞こえてきました。こんな「DAY TRIPPER」は初体験です。ヴォーカルのない楽器に歌わせるのはカツさんならではでしょう。

Imgp1147

次の7枚目のアルバムに所収とも言っておられました。B4もこんな形で後世に残るとは予想もしてなかったでしょう。僕の感性ではヴォーカル抜きに残されるこの曲の最高の形だと思っています。

ちょっとこの日のLIVEの中で「書かずにいられない」感じにさせた凄い「ウクレレソロ」でのロックでした。

その他のカテゴリー